Fotos2018


これは、地球人としての私の母。福島県北塩原村の五色沼の前で。
This is my mom as an earthling. It is taken in the front of Goshiki-numa, Kitashiobara, Fukushima.

写真


休みの日だった。 2018年6月28日、私はまだドイツのベルリンに住んでいた。 何もすることがなかったので、カメラを持って外に出た。 友達のオープンスタジオに向かっていて、その住所に着くと工事中の建物があるだけで、そのスタジオを見つけることができなかった。 雨が降ってきた。 携帯を見て、もう一度スタジオの住所をチェックすると全く違った場所であることに気づいた。パラパラ雨が降っている中を濡れながら歩いた。 到着したが、友達は展示に参加していず、それさえも間違っていることに気づいた。せっかくだから見ていこうと思い、ぶらぶら歩いた。結構な人数のアーティストがいた。ロシア人のある女性が陶磁で作った豚の彫刻を見た。日本へ陶磁を習いに行ったと彼女は説明した。他にも色々見て、知り合いにばったり会ったりした。見終わると夕方になっていた。暇なので、何か面白いことがないか探した。そしたら、仕事先のフランス人の振り付け家が公演をすると言っていたのを思い出した。それを見に行くことにした。 公演は何だか不思議だった。人か生物を型取りした型とパフォーマーが主役のようだった。何だろう?このゴムっぽい、滑りとした感じ。コンドームっぽいような・・ この場所=Pank通り近くで起きたことと、自分の中身は全く共鳴していない。あれは何だったのか、あの公演は、生き物であったのか?もっと言えば、私の中身は地球にいて、あの公演はベルリンではなく火星で行われたのかもしれない。つまり、私は地球人で、あのフランス人の振り付け家は、火星から来た人かもしれない。

I was off on June 28, 2018, lived in Berlin and didn’t have anything to do, so I went out with my camera and decided to visit my friend‘s open studio. Once I arrived, there was only a building that under construction without the studio. Then started raining, I checked the address with my phone again and noticed I’ve been to the wrong place. So I walked through the rain without an umbrella to the right address. Finally arrived at the place but found out my friend didn’t attend the open studio at all. I noticed that I made a big mistake but I thought it was very good chance to see many arts. I walked around and saw many artists. One of them came from Russia who made a pig sculpture of porcelain(陶磁). She explained to me that she went to Japan to learn how to make porcelain(陶磁). I saw many various arts and met my friends by accident. After saw the sunset. I still had time so I was looking for something fun. I remembered that a french choreographer who I met at my work talked to me that he invited me to come to his night performance . So I took the train to see the performance. It was weird. The main characters were performers and molds of molded monster. What was that? It was like rubber, goo and condom. Things happened near Pank-straße and were not sympathetic for me. What was that? That performance was like a creature. Let's say I lived in planet earth and the performance was made in Mars. It meant that I was an earthling and that french choreographer might come from Mars.
Hochschulübergreifendes Zentrum Tanz Berlin(HZT) Choreograph Antoine Carle, 2018.06.28.Sa Show title:Hollow Matters Und Pankstraße und Kreuzberg

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

©Hikaru Suzuki all rights reserved